Colibrys 社製品

スイスの Colibrys社はフランスの複合企業体であるSafran S.A 社の傘下で特に航空、防衛、高速鉄道などの過酷な環境条件が要求される用途向けに自社のファンドリーで慣性、振動、傾斜の各種MEMSセンサを製造しています。
その最大の特徴は独自開発のバルク・マイクロマシニングと呼ばれるシリコン基板を3層に重ねた立体構造の静電容量型MEMSセンサにあります。
静電容量型のMEMSセンサはDC(0Hz)から測定可能であることや、ピエゾ抵抗型のように時間経過に伴うピエゾ・クリスタルの劣化による長期安定性の問題や温度変化による安定性の崩壊がありません。
また静電容量型センサは熱によるバイアス誘導を補正することが可能です。
更にはバイアスドリフトがクリスタルに比べて小さいのも特徴です。
ColibrysのMEMSセンサは内蔵の電子回路(ASIC)による自己診断機能を使って測定システムの完全な状態をいつでもチェックする事ができます。

加速度センサ

  • 長期高バイアス安定性
  • 航空、防衛、鉄道、海洋向けの用途
  • 耐高衝撃、ポスト高衝撃能維持
  • 慣性装置に使用されるグレード
* 最新版加速度センサ
  • オープン・ループで業界最高性能のバイアス安定性とスケール・ファクター

振動センサ

  • 2008年以来の長い使用実績
  • 広周波数帯域と安定性、低消費電力
  • 市場で最高性能の線形性と低雑音性能
  • 低-中周波数帯域の最新センサ
  • 反復性高衝撃後にも高バイアス安定性

傾斜センサ

  • 低g(+/-1g、+/-90°)高精度傾斜センサ
  • エネルギ関係、工業、防衛、鉄道システム
  • +/-2g、厳しい環境の用途
  • コストパフォーマンスの高さ

傾斜センサ のアプリケーション

  • 鉄道車両のポジショニング
  • アンテナの水平取り
  • 試掘孔の定位置に傾斜計を設置
  • ダムや橋梁の傾斜を調査
  • 重力計
  • トンネルシステム
  • 高性能クレーン傾斜計測
  • 鉄道軌道傾斜システム
  • ボーリングで検層記録を取る
  • ワイヤーラインを使った検層
  • GP不感地帯で農機の位置推算
  • ソナーえい航アレーアンテナ
  • 簡易な方位計
  • 鉄道車両の動的傾斜

高温傾斜センサ(175℃)

  • ボーリングなどの高温環境下での使用に最適

加速度・振動・傾斜センサーの使用実例 (鉄道)

Colibrys社の代表的な使用例としてドイツのシーメンス社が製造した最新版高速鉄道、インターシティー特急(ICE)の革新的な台車搭載モニターシステムで成功を納め資格を得ております。

その他に車両とインフラの予防メンテナンス、アクティブ・サスペンション、アクティブ傾斜、磁気浮上高速鉄道の高さ調整、車輌疲労分析、軌道監視システム、振動監視システム、低周波耐久性試験、回転振動(Rolling vibration )のモニター、ベアリングや車輪の摩耗、アンバランス、ダンパーやサスペンションの疲労、パンタグラフの異常な振動や位置ずれの検知、電車や軌道の定期点検での査定、軌道の曲がり、位置ずれ、ブレーキ、欠損を検知して脱線を防ぐなど、多岐にわたる用途が見込まれます。

高速鉄道での車輌ポジショニングシステムでの使用実例 (TS9001)

磁気浮上高速鉄道の高さ調整 (9010.D)

加速度センサの使用実例 (航空機/ヘリコプター/UAV)




加速度センサの使用実例 (誘導弾)


誘導弾に内蔵されたColibrysのMEMSセンサーは発射時の衝撃(約20,000G)に耐え、GPSとの組み合わせにより50km飛行後に誘導弾を数メートル以内の精度でターゲットに着弾させることも可能です。




傾斜センサーの使用実例 (ボーリング)


傾斜センサーのその他用途 (健機/農機など)


Safran Colibrys SA社の概要

  • 社名 : Safran Colibrys SA
  • 設立 : 2001年
  • 本社 :
    Avenue des Sciences 13
    1400 Yverdon-les-Bains - Switzerland
    Tel +41 58 100 5000
    Fax +41 58 100 5001
    www.colibrys.com
  • 認定取得 :
    ISO 9001
    ISO 14001
    ISO 18001

実績および特徴


全数検査(キャリブレーション & 測定)

1)キャリブレーション試験(全数)
  • バイアス
  • スケール・ファクター
  • 非線形性
  • 周波数特性
2)測定(全数)
  • バイアス&スケール・ファクター
  • 動作時消費電流
  • 非線形性

このページのトップへ