ホーム > RFマイクロ波 > Pivotone社製品 >回線相互接続点(POI)

Pivotone社製品

回線相互接続点(POI)

機能とアプリケーション

POI (回線相互接続点)に使われる装置には高性能コンバイナやハイブリッドカプラが使われて、まずマルチシステム信号を合成し、次にディストリビューションアンテナシステムに送信します。
この装置には殆ど全ての機器が使われます。
POIによりまして展示ホールやショッピングモール、空港のターミナルビルや地下鉄などの大きな建屋内のカバレージの問題解決をコストを抑えて行なうことが出来ます。
このシステムには2つの外部モニター端子が有り、システムを止めることなく試験することが可能です。

システムの特徴
  • 4 x DCS, 4 x WCDMA を含む双方向マルチシステム信号伝送をサポート
  • 高電力に対応
  • 低挿入損失と高アイソレーション
  • 低い混変調
  • 高信頼性
Typical Product Specifications
Impedance (Ω)50
Frequency ranges (Mhz)DCS-1: 1750-1770/1845-1865
DCS-2: 1750-1770/1845-1865
DCS-3: 1710-1750/1805-1845
DCS-4: 1770-1785/1865-1880
WCDMA-1: 1935-1950/2125-2140
WCDMA-2: 1935-1950/2125-2140
WCDMA-3: 1920-1935/2110-2125
WCDMA-4: 1950-1980/2140-2170
Return loss (dB)≧18 for all ports
Insertion loss (dB)≦8.0
Isolation (dB)≧65, same bands
≧80,different bands
Power rating per input port (W)≧100 CW
Intermodulation (3rd order)≦-143 dBc

このページのトップへ