ホーム > 会社案内 > ご挨拶

ご挨拶

     
     
代表取締役社長 田代剛大
理研電具製造は、大河内正敏博士が率いた理化学研究所の発明による、「炭素皮膜固定抵抗器」を通じてわが国の電子機械工業の発展に貢献することを使命とし、1937年に抵抗器製造業として発足しました。
抵抗器専門メーカーとしては最も古い歴史があり、その登録商標「リケノーム」は抵抗器の代名詞として長くご愛顧を頂きました。
その後は事業の変革を経て、マイクロ波、カメラ、LEDモジュール等の受託製造を手がけるに至り、現在もメーカーとして“ものづくり”の精神を失うことなく今日を迎えております。
また近年は、航空、宇宙、防衛産業向けに最先端の電子部品を提供する専門商社としてもフィールドを拡げており、自社工場を活用した厳格な輸入品検査体制を整えるなど、製造業として発祥した特徴を活かしながら商社としてお客様のご要望に応えることができる体制を整えております。

先行き不透明な今日、過去の成功体験にとらわれていては企業として永続することが困難です。
古き良き伝統を引き継ぎながらも世の中の環境変化に即応し、既存の仕組みを変え、日々の考え方を変え、やり方を変えながら実際に行動に移していく。こうして前向きに変化し競争力を高めていくことが、結果として人に社会に貢献する仕事につながると信じています。

「健全な事業活動を通じて新たな価値を創造し、広く社会に貢献する」という当社のミッションのもと、常に謙虚に、誠実に、三方よしの精神で正道を歩むことで、お客様や仕入先様から愛される(選ばれる)会社であり続けたいと願っています。

これまで当社を支えて下さったすべての皆様への感謝の気持ちを忘れずに、引き続き全社員一丸となり事業に邁進してまいります。今後も変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

理研電具製造株式会社
代表取締役社長  田代剛大


このページのトップへ