理研電具製造について

理研電具製造は、理化学研究所の発明による「炭素皮膜固定抵抗器」を通じて電子機械工業の発展に貢献することを使命とし、1937年に抵抗器製造業として発足しました。
抵抗器専門メーカーとしては最も古い歴史があり、登録商標「リケノーム」は抵抗器の代名詞として長くご愛顧をいただきました。

そして近年はメーカー機能だけでなく電子部品を取り扱う商社機能を強化しており、“ものづくりする商社” としてお客様の多様なニーズにお応えする体制を整えています。

群馬と山形の自社工場では、抵抗器製造業として長年ものづくりに携わってきた経験を活かすことで、マイクロ波モジュール、CCD/CMOSカメラ、LEDモジュール等の受託製造や、光コネクタケーブル加工に取り組んでいます。
これまでの豊富な経験と幅広いネットワークを駆使することで、少量多品種、低コスト、短納期、高品質のご要望にスピーディーに対応可能です。

また専門商社としては、米国子会社を基点として欧米の電子部品メーカーやメガディストリビュ-ターと密に連携し、国内の宇宙・航空・防衛産業向けに様々な種類の電子部品・機器の輸入販売を手掛けております。
各種お問い合わせやお見積りに迅速に対応するだけでなく、厳選した仕入先からの品質重視の輸入販売体制を構築しており、輸入した電子部品・機器は当社の検査チームによる厳格な受入検査をパスすることで安心してお使いいただくことが可能です。

創業80年を超える長い歴史と共に築き上げてきた信用・信頼を、日々の仕事を通じて人類・社会の発展に少しでも貢献していくことができれば、それが私どもの存在意義だと考えております。
PAGE TOP